動画はこちら

ciao!キャンちゃんだよ!

今回は、今キャンちゃんが住んでいるタイのプーケットの夜遊び事情をお伝えしよう!

海外に行ったら、夜遊びしてみたくなるのが男のサガ!

しかし、そんな時に色んな不安や疑問が付き物だ。その不安や疑問をこの記事を読んで取り払ってくれ!

一番の歓楽街

やはり初めに行くとしたら一番栄えてるところがいいだろう!人が多ければ、需要と供給でよりいいサービス、より良い女の子に出会える可能性が高いからな!

ってことでプーケットの1番の歓楽街は

「パトンビーチのバングラ通り」だ。

有名だから、タクシーの運転手に「パトン、パトン」「バングラ、バングラ」って言えば「お前も好きだな〜」って顔して、入り口に連れてってくれるぞ!

バングラ通りでは、ゴーゴーバーっていうスタイル(タイでは、ポピュラー)の飲み屋がひしめき合っている。

そして、通りにはゴーゴーバーや、クラブのキャッチがいっぱいいる。「何杯でいくらだよ」とか、「可愛い子いるよ」とかやたら声をかけてくるのもここの通りの特徴。

もちろん日本と風営法も県の条令も違うから、一度キャッチに捕まると割と強引に店に連れ込もうとする。(優良店でも)

そういう異文化も楽しめるぞ!

スクリーンショット 2016-12-16 13.25.45

ゴーゴーバーとは

正確な定義は疑問だが、まず女の子がポールダンスをしているのが特徴。それを見ながら飲むもよし、気に入った女の子がいれば、隣に呼んで一緒に飲むのもありってBARだ。

もちろんその後のことを交渉してお持ち帰りすることも可能だ。

店舗によって値段が様々なので一概には言えないが、一緒に飲む時はキャバクラやガールズバー的な感じだ。

これもお店によるが、ジェンガーや、パズルゲームなどゲームを一緒にやって「テキーラ」飲んだりして遊んだり、言葉を教え合って会話したりするのが割と定番だ。

2016年12月現時点では、日本よりかは確実に安く飲めるぞ。

スクリーンショット 2016-12-15 18.41.51

お持ち帰りについて

お酒も回ってきて「やりてぇ」ってなったら、お気に入りの女の子に

「一緒に帰ろう」と誘おう!するとお金の話になってくる。まず連れ出すのにその店舗(ゴーゴーバー等)にお金を払わなくてはならないのがルール。

連れ出した分1人キャストが減るから、その埋め合わせ的なお金だ。これはお店によって違うが1,000バーツから300バーツぐらいだ!

次のお支払いは女の子に

女の子に支払う額でキャンちゃんが聞いたことある1番高い金額で5,000バーツ。キャンちゃんの印象だと可愛い子は高い値段をふっかけてくる。もちろん3,000バーツって言ってくる子もいるし様々で、交渉次第ってところだ。

交渉成立したら、一緒にホテルに向かおう!タクシーに乗って自分のホテルに行くもよし、遠い場合や、ホテルに連れ込めない理由がある場合は近くの(日本のビジネスホテルみたいな)ラブホに連れ込むもよし。

スクリーンショット 2016-12-16 13.22.52

ちなみに

他のビーチでもそういったBARは存在し、お値打ちでいいお店もいっぱいあるぞ。

プーケットに慣れてきたらローカルなビーチに行ってもまた新鮮で良いぞ!

気をつけるところと言えばたまにレディボーイ(ニューハーフ)がいることぐらいだ。

タイ人は基本的に優しい。

この動画を見ても、その感じは伝わると思う。雰囲気はこんな感じのところだ。

ぜひ遊びに来たら楽しいと思うぞ!

キャンちゃんとと遊びたいと思ったブラザーよ!かつて彼はシャイボーイだった。

この記事を読めば今のキャンちゃんも過去のキャンちゃんもわかるはず!

女と無縁だった男が逆ナンまでされるようになった理由